遺言書は残していきたい

税務署の調査はお互い大変です。

税務署の調査はお互い大変です。

税理士をしていると関与先の調査があります。
わからないことがあしましたら加藤税理士事務所にお越し下さい。
定期的にあればいいのですが、年によって全然なかったり集中したりしてしまいます。
どういう基準で選んでいるのかは知りませんが、儲かっている会社は大体狙われているみたいです。
何かありましたら山形の税理士へご連絡下さい。

 

 

最近は、税法が変わった関係で手続きが面倒になりました。
ご参考までに鶴岡市の税理士の資料をご覧ください。
税務署の調査官は私のところにも日程の連絡をしてきますが、最近は連絡の内容が法定されたためか、連絡の内容が長いです。
大体聞いているだけで5分ほどになります。
しかも、原稿があるらしく若い調査官の方だと棒読み状態です。
あれならテープレコーダーでいいのではないかと思います。
ベテランの調査官の方は違いますが。
もし何かありましたら山形の相続のHPをご覧ください。

 

 

税務署の調査になると会社の社長さんは、調査が始まる日の朝までは心配しているようですが、調査が始まると気が楽になるようです。
その代わり、気を遣うのは私のほうです。
もちろん税務署の調査官も同様でしょう。
特に売上をごまかしていたとかの問題がなければ、調査も早く終わります。
もしわからないことがありましたら山形の経営計画のサイトをご覧ください。

 

 

しかし、調査が終わった後も、最近は手続きが面倒らしく、以前ほど早く終わりません。
税務署の人も大変です。

ホーム RSS購読 サイトマップ