遺言書は残していきたい

厄除けはやらないよりやった方がいい

厄除けはやらないよりやった方がいい

男の厄年の大厄は42歳、女の厄年の大厄は33歳です。もしお困りのことがあれば厄除けにお越し下さい。
この厄年のいわれは、古くは平安時代に遡るとされますが、根拠は明確ではありません。一説によれば、42歳は死ににかかり、33歳は散々にかかるからだといわれています。
お探しにお困りであれば厄払いへご連絡下さい。
こういった語呂合わせから、厄払いをしなければならないというのは、現代科学において、ナンセンスな話かもしれません。しかし、社会にしっかりと根付いた慣習や因習を取り除くことはなかなか困難です。
困ったら厄除けの大阪の資料をご覧ください。
厄年は科学的根拠のない迷信だと一蹴し、厄払いをやらない人も中にはいると思います。しかし、その方がもしも病気や事故や不遇となれば、周囲の者は必ず、厄払いをしなかったからだとその方本人の行動が愚かだと責められることとなります。
何かわからないことがある場合は厄除けの兵庫のHPをご覧ください。
今や人生80年時代で、女性の平均寿命は85歳となっています。厄払いの年から、男性は38年、女性は52年も生きることとなります。この長い年月の間に、何か不幸なことが起きる可能性は、起きない可能性よりも遥かに高いはずです。どうしたらいいかわからない場合は厄年のサイトをご覧ください。
厄除けをやらないからという理由で、なんだかんだといわれるのなら、私は形式的にでも厄除けをやった方が、絶対にいいと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ